【初心者用】目押しの重要性。

どう
taiキングです(=゚ω゚)ノ
今日も昨日に引き続き初心者用の記事です。(稼働してないからネタがない・・・)
これから、1週間ほどはこういう記事が増えると思うのでご理解よろしくお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク

リールの目押し

さて、今回は天井狙い・ゾーン狙い時のリールを狙う重要性についてお話ししていきたいと思います。
まず全くスロットを打った事が無い人は、「目押し」が出来ない場合が多いと思います。
目押し」は稼働する際にとても重要になってきますので必ずできる様にしておきましょう。

まず、目押しとは回転しているリールの図柄を狙ってちょうどその位置で止める事です。
主にパチスロ機は左・中・右の3個のリールあり、1リール21図柄で構成されていて約0.8秒でリールが1回転してます。
基本的に枠内は図柄3つ分しか止まりません。(デイライトのリールが開いて4つや5つになる機種を除く)
そして目押しはボタンを押した瞬間にリールが止まるのではなく、リール制御というものが働いてるため常に狙った図柄が止められるわけではありません。
じゃないと、目押しのうまい人は一生払い出しの多い小役だけ狙ってれば勝てちゃいますからねww

機種によりますがリール制御は最大4コマで自動的に調節されるため、内部的に成立してないと各図柄は揃わない仕組みになってます。
なので4コマおきに等間隔で同じ図柄が配置されてれば適当に打っても取りこぼしはありません。
リール制御のおかげで最大4コマ滑るわけなので(‘ω’)ノ

ですが、図柄によってはリールに2つしかない場合もありますのでそこはリール配列を確認するようにしましょう。(主にチェリー)
もし狙わなかった場合ですが、枚数的に損をします(-“-)
特殊役じゃない限りは内部的に揃った事になります。
が、メダルの枚数的には損をします
例え20円でも取りこぼしを防ぐため成立している小役はなるべく取得しましょう!

ボーナスの目押し

最初の頃はそうでもなかったんですが、最近の5号機(AT機)には疑似ボーナスというものがあり、たとえ図柄を揃えられなくてもボーナスゲームが開始されてました。
基本的に疑似ボーナスの場合は揃えなくても損はしない(モンハン月下などは揃えないと損する)ようになっています。
が、規制されてしまい図柄を揃えないとボーナスが始まらないというリアルボーナスを搭載した機種がまた多くなってきています。
5号機初期の頃からスロットをやっている人は問題ないと思うんですが、最近始めたばかりでどうしても図柄を揃えられないって人は店員さんを呼びましょう。
すると、揃えてはくれませんが横でタイミングを教えてくれます(*´ω`*)

目押しできないといろいろと損するのでできるだけゲームセンターやアプリなどで目押しをできる様に特訓しておきましょう(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

あ、ちなみにボーナスは早めに揃えましょう。
揃えられないと思ったらすぐ店員さんを呼びましょう。

ビタ押しの重要性

基本的に天井狙いやゾーン狙いでビタ押しを使う機種なんて少ないです。
なので、ビタ押しはできた方がいいですが出来なくてもいいです
目押しさえちゃんとできるのであれば、ハイエナにはあまり必要ない技術だと思っています。
設定狙いの際は、花火とかAタイプのものが増えてきてるので必要になると思いますが。
まずは天井狙いでお金を貯めてからですね。

ブログ村参加中
1クリックお願いします。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS

このページの先頭へ

無料レンタル