パチンコ台の釘曲げによる規制について

DSC_0320

 

最近、話題になっているパチンコ機の不正な釘曲げによる規制についての記事です。

 

 

現状、設置してある現行機約300万台が回収対象だそうで・・・

 

早ければ2016年の1月頃から大規模な自主回収が始まるそうです。

 

スポンサーリンク

 

・規制の理由

警察庁側としては台を検定に通して、その時の釘でお客様に打たさなければならないはずなのを

パチンコ店は検定に通した後釘を曲げてお客様に遊戯をさせているということで警察の方々が怒っていらっしゃる様です。

 

いままで、何度も注意や勧告を受けていたのに改善されてないじゃないか!

ということらしいですね。

 

(正直、今に始まった事じゃないのに・・・)

と思いましたがまあ正直規制はしょうがない事だなと思います。

パチンコ店も何事もほどほどにしておけばよかったのに・・・・

 

 

 

 

 

・規制の後

 

規制後は釘は一律になります。

 

開いてる釘もなければ閉まってる釘がなくなり、どの台を打ってもちょっとずつちょっとずつ負けられる釘になるということです。

まあパチプロでない限り基本的に回らない台を打たされていると思うので一般のパチンコを打つ人からすれば

いつも以上に回る台になるので嬉しいことですね。

 

田舎の方に住んでるんですが、最近釘がヤバい台がたくさんあったので個人的にも歓迎です。

 

 

ですが、技術介入がほぼできなくなっているのでパチンコの釘狙いはもうできそうにありませんね・・・

 

 

 

 

 

・そしてパチンコで出玉アピールできないということは?

 

 

基本的にパチンコでは勝ちづらくなってしまいますが

 

ただパチンコで絶対勝てなくなるわけではないので稼ぎたい方は潜伏確変狙いを覚えましょう。

むしろ、それしか狙い方がないです(;´・ω・)

 

 

個人的にですが、パチンコで出玉が制御できなくなるので

店側としては出してほしいのに出せない・・・

 

って日が出てくると思いますので(旧イベ日とか)

 

出玉アピールをするにはスロットに設定を入れるしか選択肢がなくなると思いますので

全体的に基本設定があがってくれることを祈っております。

 

 

 

 

 

感想

今回の規制ですが個人的に悪い事ばかりではないと思っています。

釘狙いという選択肢はなくなりますが、潜伏狙いをしてるときにヘソに釘が入らずイライラすることもなくなりますし

時短中や確変中の上皿崩壊があまり起こらなくなるので何事もポジティブに考えていきましょう!

 



 

コメントを残す

このページの先頭へ

無料レンタル